工業製品と工作機械

工業発展に必須の工作機械

工業製品には精度が重要

工業製品を作るには工作機械が必要です。人間の手だけでできることにはどうしも限界があるので機械や道具を使うことが必要不可欠なのです。そこで重要になってくるのが機械の精度です。しっかりとした製品を作るためにはいい加減な道具を使うわけにはいきません。狂いが許されない現場において、その機械を整備することも重要となってきます。人間が手を出せない分野においていかにそういった機械を作り出せるか、維持していけるかが技術力ということになります。そういった精密な作業を行える工作機械が日本の、そして世界の工業を支えているのです。

工作機械の重要性と機械性能

工作機械は、工業製品のなかでも重要な地位を占め、その産業は世界各国で基幹産業と位置付けられています。工作機械は、機械部品やパーツ等を生産するため、必要とされる形状・精度に効率的に加工する機械です。そのため、機械性能の優劣が生み出す製品の優劣に直結し、最終的にその国の工業力を左右することにより、産業全体に大きな影響を及ぼします。加工方法は、切削加工・研削加工・特殊加工と大きく3種類に分けられますが、総務省では機械全体を大・小・細分類と分類し、細分類における機械の種類は実に約300種類にも及んでいます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 工業を支える工作機械 All rights reserved